サイトで使用しているWordPressのプラグイン一覧

WordPress

WordPressのプラグインはたくさんありますが、絶対に入れておくべき!ってプラグインは決まっていますよね。プラグインの紹介ページでズラーッと並んでいても、実際に入れて本当によかったと言わせるものは10個にも満たないんじゃないでしょうか?実際にサイトで使用しているプラグインを紹介します。

いいね!と思ったプラグインはこの記事に追加します。

WordPressのプラグインは説明できる数だけ持つ

前提として、プラグインはできるだけ少ない方が良いと覚えておきましょう。

必要に応じてプラグインを増やすと思いますが、20個を越えたら多すぎかもしれません。

不必要と思ったプラグインはすぐに削除。セキュリティが脆くなると分かった上で更新し続けるなんて無駄なことは、最低限にしましょう。

プラグインが多すぎる場合
セキュリティホールが生まれ、ハッキングされる可能性が高まる。
プラグイン動作用のスクリプトが読み込まれ、サイトパフォーマンスが低下する。

サイトで使用しているおすすめプラグイン

プラグイン一覧
必要だと思ったプラグインを追加していきましょう。

必須プラグイン

WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patchの画像
WordPressを日本語対応にします。必ず[ON]にします。

ブログ形式のサイト用

Akismet

Download-Akismet Anti-Spam
コメントスパム対策用です。記事終わりにコメント欄を設置している場合は[ON]にします。

All in One SEO Pack

All-in-One-SEO-Packの画像
mate descriptionとmate keywordsの入力に使います。その他細かい設定に関しては関連記事を参照。

Google XML Sitemaps

GoogleXMLSitemapsの画像
サイトマップ送信を自動化します。[ON]にした後、Webマスターツール(Webコンソール)でサイトマップを送りましょう。

Broken Link Checker

BrokenLinkCheckerの画像
リンク切れの際、通知で知らせます。[ON]にして、通知用のメールアドレスを設定します。

pushpressとWordPress Ping Optimizer

PuSHPressの画像
WordPress-Ping-Optimizerの画像
PING通知を最適化してくれます。

効率化用

AddQuicktag

AddQuicktagの画像
エディタのタグ打ちを効率化します。hタグなどのよく使うタグを登録します。

サイトの確認

上記の設定が完了したら、Googleのスピードテストをやってみて、客観的な視点を取り入れることをおすすめします。
Webサービス:PageSpeed Insights

コメント