WordPressプラグイン「WP Multibyte Patch」は必須です。

WordPress

まとめると「WP Multibyte Patch」は必須のプラグインだと知っておけば、OKです。設定は有効化をクリックするだけ。どんな役割を担っているのか知りたい方だけ記事の続きをお読みください。

WP Multibyte Patchとは

英語圏で作られたWordPressを日本語環境で正しく動作させるための修正と強化を行うプラグインです。

文字は全角文字(マルチバイト)と半角英数字(シングルバイト)に分けられます。
日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合に何らかの対策をしていない場合、必ず有効化しておきましょう。

有効化し忘れるとどうなるのか
そのままだとバイト数が違うため、全角文字の認識エラー(文字化けなど)が発生しやすくなります。

WP Multibyte Patchの使い方

ワンクリックで完了です。

有効化をクリック

日本語版WordPressにデフォルトで入っているプラグインです。

見当たらない場合
過去に削除してインストールされていない。

必要なプラグインなので、必ずインストールして有効化してください。

WP Multibyte Patchの機能

目に見える形ではなく、バックグラウンドが仕事場のプラグインです。設定する項目もないので、さらっと確認しておきましょう。
主な機能

  • 投稿抜粋
  • 文字列カウント方式の設定
  • 検索
  • メール送信
  • トラックバック受信
  • ピンバック受信
  • ファイル名サニタイズ
  • フィード XML サニタイズ
  • テーマの WEB フォント無効化機能
  • 管理パネル
  • BUDDYPRESS抜粋関数

有効化するだけでずっと働いてくれるので、更新する際は心の中で「ありがとう」と思いながらクリックしましょう。

参考文献

倉石政典のブログ「WP MULTIBYTE PATCH」

(アクセス日:2018/11/22)

コメント