あなたのサイトに「Akismet」は使えるのか?

WordPress

Akismetはワードプレスをインストールした時点で入っている、スパム対策用プラグインです。

今回の記事では、Akismetの必要性と無料で利用するための設定方法を紹介します。

Akismetとは

Akismet Auti-Spam(アキスメット アンチスパム)とは、スパムと見なしたものを自動的に分類してくれるプラグインです。

スパムとは、インターネット上での迷惑行為全般を表す語です。
ここでは悪質なサイトに誘導したり、意味不明な文字列が書かれた迷惑行為をするコメントを指します。スパムコメントのほとんどは海外のもので、英語で書かれています。

アクセスがあるサイトに、スパムと思われるコメントやトラックバックが送られます。

悪質なウイルスつきのスパムも存在し、それがコメント欄にあるだけでサイト全体の評価が下がってしまう可能性があります。スパムコメントを速やかに削除する必要がありますね。

スパムコメントはどのくらいあるのか
ティーアザには、毎日数件から数十件、1000件以上のスパムが来たようです。

これだけの数のスパムをいちいち自分で削除するなんて手間ですよね。

そこでAkismetを導入してみましょう。

自動でスパムを振り分けて、別枠で表示してくれます。
一括削除ボタンを押すだけでスパムを削除することができます。(無料プランで月に50,000件まで)

有効化し忘れるとどうなるのか
質問や感想のコメントと迷惑コメントが同じ場所に表示され、手間がかかります。

コメント欄を設置しているサイトでは、必要なプラグインと言えます。

しっかりと有効化に設定してサイトをスパムメールから保護しましょう。

メリットとデメリット

メリット

  • 自動でスパムを判別して、ワンクリック削除できる
  • Automattic社が提供しているため信頼できる

デメリット

  • 最初にユーザー登録をしなければならない
  • サイトが重くなって表示速度が遅くなる
  • 商用利用のサイトでは有料プランを使わなければならない
  • 間違ってスパム判定されたコメントが無いか毎回確認してから消すのが面倒

商用利用

最近は収益化のためにサイトを運営している方が多いので、ここら辺が曖昧ですよね。
無料プランは非商用ブログだけが使えるようなのですが、具体的にいくら以上だと商用利用に当たるのかは書かれていませんでした。

Akismetをやめて何を使うか

スパム対策のプラグインなので、無差別にスパムコメントが来ないようにすれば良いということですよね。
Akismetに替わるプラグインをご紹介しましょう。

ロボット判定する「Advanced noCaptcha reCaptcha」

Advanced noCaptcha reCaptchaとは、ロボットか人間かを判定するためのプラグインです。
ユーザーのコメント欄で「私はロボットではありません」とチェックする部分を設けます。

以下のようなものを付けられます。

コメント欄以外にも承認ボタンが付けられるようです。
プラグインを使わなくてもGoogleにウェブサイトを登録すれば設定できます。

国コードでアクセス制限する「IP Geo Block」

IP Geo Blockとは、国コードでアクセス制限する国を選択できるプラグインです。
海外からのアクセスを遮断することで、スパムを受け取らないようにします。

アクセス制限を行う対象を選択可能
ゼロデイ攻撃も防御できる
高速で動作する

表示された文字を入力する「siteguard wp plugin」

siteguard wp pluginとは、不正アクセス防止とスパムコメント防止ができるプラグインです。

コメント欄やログイン画面に『ひらがな』『英数字』で表示された文字を入力する部分を設けます。
以下のようなものを付けられます。

まとめ

Akismetはスパム対策に役立つ優秀なプラグイン
デメリットとして、サイトが重くなる・商用で使えない
他のプラグインで代替は可能である

「どのプラグインが良いか」「Akismetを使い続けるか」などいろいろと比較して、現状に合った方法を選ぶと良いでしょう。

インターネットは安全第一ですので、ここでしっかりスパム対策をしてサイト運営に集中できる環境を整えましょう。

おすすめのプラグインを紹介していますので是非こちらの記事も参考にしてください。

サイトで使用しているWordPressのプラグイン一覧

コメント