HTMLタグ

HTMLタグは、さまざまな要素を明確にするための目印になります。

HTMLの最も重要な役割は、コンピュータに理解できるように文書構造を定義することです。

そのため、用途にあったHTMLタグを使用することが重要になります。タグによっては見た目が同じに見えますが、正しい文書構造を実現するために、HTMLタグは使い分けましょう。

正確にマークアップし、コンピュータが自動処理しやすくすることを「セマンティックウェブ」と言います。

このHTMLタグには100以上の種類がありますが、すべてを覚える必要はありません。よく使うものを覚えて、その他は必要な時に調べましょう。使うタグは、手を動かしているうちに覚えてしまうものです。

コメント