CSSとは

カスケーディング・スタイル・シート

CSS(シーエスエス)とは、「Cascading Style Sheets」の略。

[deco_bg image=”paper1″ width=”500″]ウェブページのスタイルを指定するための言語です。 ワープロソフトなどで作成される文書も含めて、文書のスタイルを指定する技術全般をスタイルシートといいます。 HTMLやXHTMLなどで作成されるウェブページにスタイルを適用する場合には、スタイルシート言語の1つであるCSSが一般的に利用されています。(出典:HTMLクリックリファレンス

HTML や XML の要素をどのように修飾(表示)するかを指示する、W3Cによる仕様の一つ。文書の構造と体裁を分離させるという理念を実現する為に提唱されたスタイルシートの、具体的な仕様の一つ。(出典:Wikipedia)[/deco_bg]

つまり、文書のスタイルを指定するための言語です。

CSSは、HTMLと組み合わせて使用する言語です。HTMLが文書構造を指定する言語であるのに対して、CSSではそれらをどのように装飾するかを指定します。

カスケーディングとは、「階段状の滝のような」という意味で、文書の上方で定義されたスタイルを下方へ引き継ぐ(継承)という特徴があります。

CSSは「セレクタ」「プロパティ」「値」の3つで構成され、HTML文書の特定の箇所を指定して色や大きさを変えたり、表示位置を指定することができます。

コメント